1. TOP
  2. アンチエイジング
  3. 目尻のシワを消すための対策方法10つとシワになる3つの原因

目尻のシワを消すための対策方法10つとシワになる3つの原因

目尻のシワが気になる女性の画像

目尻のシワはとても気になりますね。

できることならシワは作りたくないものです。

今回の記事は、目尻のシワに特化したシワ対策をご紹介します。

小ジワ、大シワなど、シワにはいろいろなタイプがあります。

原因も併せて探って見ていきますね。

シワ対策のスキンケア5つの方法

正しいスキンケア(アンチエイジング)をしてシワを予防することができます。

1:クレンジング・洗顔

クレンジングで大切なのはメイクを落とす時に目の周りを執拗にこすらないということです。

アイメークなど落ちにくい場合は専用のクレンジングを使うことをお勧めします。

目の周りに皮膚は非常に薄いためこすることでシワが出来てしまいやすくなるからです。

また、肌に優しいジェルタイプのクレンジングがおススメです。

2:保湿ケア

保湿には、セラミド(繊維芽細胞刺激)、ビタミンC誘導体、ナイアシン、レチノールなど配合されたものは保湿力が高いです。その他にも、独自成分の高保湿スキンケア化粧品も多くありますのでこういった高保湿化粧品を選ばれることをお勧めします。

3:目元専用ケア

目尻のシワが特に気になる、予防したい人には目元専用のアイクリームでスペシャルケアしましょう。

アイクリームは色々あって選べないという方に後述で厳選アイクリームをご紹介しますね。

4:UVケア

肌の奥まで入り込み肌を破壊してしまう紫外線は怖いですよね。

乾燥、シワだけでなくシミなど肌トラブルが多い原因です。

ですので、UVケアは必須です。冬も紫外線は0じゃないので1年通してUVケアは必要です。

5:睡眠

お肌のターンオーバーの乱れも影響があるので、質の良い睡眠をとってターンオーバーを正常に保ちましょう。

シワ対策の目元マッサージ方法2つ

ここで大切なことは、目元の筋肉を鍛えるということも大事だそうですが、筋肉をリラックスさせることがとても大事だと言います。

そこで、マッサージ方法をご紹介します。

6:ツボ押しマッサージ

 攅竹(さんちく)のツボの画像

出典元:ピュアラバリ

眉頭の大きく凹んだ部分(攅竹-さんちく)を親指または人差し指の腹で持ち上げるように優しく押します。

左右同時に5秒間押してからゆっくりと話すことを5回します。

7:眼輪筋をストレッチ

両手で人差し指と中指を立ててピースサインを作ったら左右にお目尻を挟むようにして押さえます。

そして目尻の皮膚を押さえたまま外側へゆっくりと伸ばします。

伸ばしたまま10秒キープでこれを5~6回繰り返します。

※目の周りは非常にデリケートなので優しくなめらかに行ってくださいね。

シワ対策の美容整形術3つ

今すぐシワを何とかしたいという人にはプチ整形も一つの手です。

代表的な施術をご紹介します。

8:ボトックス注入

シワを取るというよりは、作らないようにする治療法です。

肌にハリが出て10歳は若返って見える手軽な方法。

9:ゼオミン

従来のボトックスと比べて抗体ができにくいので継続しやすいのが特徴です。

表情ジワの予防にに有効です。

10:ヒアルロン酸注入

あらゆるシワに効果があり、即効性はあるが持続性が短いので定期的に行う必要があります。

肌にハリを与える美肌効果もあります。

シワになってしまう3つの原因

シワの原因は大きく分けて3つあります。

  • 表皮のシワ乾燥が原因
  • 真皮のシワ加齢・紫外線が原因
  • 表情筋のシワ筋力の衰えが原因

それでは、それぞれについて説明していきます。

1:表皮のシワ乾燥が原因

小ジワの画像

目の周りはとても薄い皮膚ですがよくこすることも注意が必要です。

また、スキンケアを十分にできていないのも乾燥の原因になります。

日々のケアですぐ解消可能なシワです。

2:真皮のシワ加齢・紫外線が原因

大ジワの画像

皮膚の奥まで深いシワを刻んでしまうのが大ジワです。

紫外線は肌の弾力をつかさどる部分を破壊してしまうからです。

皮膚の奥のコラーゲン線維とエラスチン繊維の網目とつなぎ目の間をゼリー状の基質細胞が埋めています。重力によって支えられなくなって大ジワが出来ます。

肌の弾力を守るには実は紫外線をカットすることも重要なんです。

非常に深いため解消するには時間がかかります。

3:表情筋のシワ筋力の衰えによる

表情ジワの画像

感情表現によるシワは小ジワです。

実はこのほかに「たばこの煙」という原因もあるのです。

たばこの煙は紫外線の影響と同じように有害で活性酸素を生み出すからだそうです。

画像出典元:シワのメカニズム

おすすめのシワ対策アイケア化粧品3つ

ビーグレントータルリペアアイセラム

独自複合成分「アイリペアコンプレックス」でハリのあるクリア目元へ導きます。

15種類の美容成分を超極小カプセルに閉じ込めて必要なところへ浸透し長時間にわたってアプローチします。

ビーグレントータルアイセラムの口コミです。

ビーグレン トータルリペアアイセラム目の周り、特に涙袋の上に現れた小ジワとまぶたのタルミ対策に購入。

塗ると少しふぉわっと暖かくなります。

速攻性はあまりありませんが、使い込んでいるうちに小ジワが減ってピンとしたハリがでてきます。

まぶたのタルミについての効果は、よくわかりませんが何もしない時よりはマシな気がします。

目尻や目の下のシワはかなりなくなりました。

まだ、完全に涙袋の小ジワは消えてはいませんが、肌の調子の良い日は消えてくれます。

ほかの商品よりは効果あるので続けて使っています。

(サクプーさん52歳)
出典元:アットコスメ

どのくらいでシワが消失したかは明記されていませんが、効果は期待できるようですね。

SK-Ⅱリンクルスペシャリスト

濃縮SK-Ⅱピテラ(整肌保湿成分)配合で肌本来の働きを整えて2つのハリケア成分でハリのある肌へ導きます。

SK-Ⅱリンクルスペシャリストの口コミです。

SK-Ⅱ-リンクル スペシャリスト
化粧水、美白美容液の後米粒位の分量を目の下から塗って目じりへクルクルと薄く伸ばしていきます。

毎晩使っていますが、1回の分量が少ないのでコスパは悪くないです。

これのおかげか、目のまわりのシワに悩まされた事はまだ無いです。

同級生に「シワないね~」とよく言われますが多分これのおかげ・・・。

あまり目立った仕事はしませんし全体の評価は厳しめみたいですが

私はこれ好きですよ。アイクリームとしての使用ですが法令線にも効果あるのでは?と思います。

目が笑うとちりめんジワになるのだけは嫌だから

ずっとこの美容液は使い続けるだろうな~と思います。

美容液って色々浮気したくなるのですが目の周りの対応に即効性且つ柔軟な美容液でリピートした美容液は初めてです。

今は予防の為に使っていますが長く使うだろうな~と思っています。

(りづぽんちゃんさん41歳)
出典元:アットコスメ

継続して使うことでシワの予防にもなっているようですね。

POLAリンクルショットエッセンス

見えない肌のゆるみが原因の表情ジワがすぐ元に戻らない人へ。

角層奥深く間でうるおいが浸透し、肌がストレッチされるようにハリと弾力を与えてくれます。

POLAリンクルショットエッセンスの口コミです。

POLA リンクル ショット エッセンス
エステのお姉さんに薄い薄いと言われる、薄肌です。28歳ごろからやたら肌が柔らかくなりました。

それが初期老化の「ゆるみ肌」なんですよねー、、、

恐怖にかられてエイジング商品を探しまくり、出会ったのがこちら。この商品はまだ目に見えた大きな変化はないけど、ゆるみ始めたシワの前兆にアプローチしてくれるとのこと。

私の理想にピッタリだったので購入してみたら肌にもピッタリだったようです。

しばらく使用していたら、柔らかすぎた肌がふよふよしてない!触り心地が全然違う!

ハリってこんな感じだったっけ、、、という懐かしい感触。

柔らかさに悩んでいたので触り心地の違いに感動しました。

二本使って少しお肌が慣れてきた感じがしたので、他の美容液も試してみたりしましたがゆるゆるで敏感な肌にはなかなか合うものがなかったので結局こちらに戻りました。

薄肌で肌がゆるみ始めたと感じる方は、試す価値ありです♪( ´▽`)

(み★きさん 30歳)

出典元:アットコスメ

肌のゆるみはシワの元、ハリが出て確かに効果が期待できるようですね。

目尻のシワ対策のまとめ

一通りご紹介してきましたが、まとめますと、目尻のシワの原因には乾燥によるもの、加齢によるもの、筋力の衰えによるものそして紫外線を浴びてできるものなどがあることがわかりました。

予防や対処方法としてスキンケアの方法、アイクリーム、美容整形術、マッサージ方法をご紹介いたしました。

正しいスキンケアとして、

  • クレンジング・洗顔:アイメークを落とす際、絶対にこすらないことと肌に負担をかけないように「ジェルタイプのものをお勧めします。
  • 保湿ケア:セラミドなど高保湿成分配合の基礎化粧品で保湿をしましょう。
  • 目元スキンケア:スペシャルケアとしてアイクリームをおすすめします。
  • UVケア:紫外線はお肌の敵です。しっかりガードしましょう。
  • 睡眠:質の良い睡眠をとるようにしましょう。

次は、マッサージです。

  • ツボ押しマッサージ
  • 眼輪筋ストレッチ

このふたつはどちらも簡単で手軽なので毎日のお手入れに組み込んで継続しましょう。

目の周りの事十分に優しく行ってください。

そして、美容整形術です。

  • ボトックス注入
  • ゼオミン
  • ヒアルロン酸注入

代表的な3つの施術をご紹介しました。

即効性はあるものの長期向きではないものや、容器継続可能のものまでありました。

次におすすめアイクリームをご紹介しました。

  • ビークレント―タルリペアアイセラム
  • SK-Ⅱリンクルスペシャリスト
  • POLAリンクルショットエッセンス

どのアイクリームも独自保湿成分で肌の奥まで浸透しハリと弾力を与えるものです。

いかがでしたでしょうか?

シワはいろいろな原因で出来るもので、気を付ければ防げるものから避けることができないものもあり、ケアすれば消えるものもありました。

デリケートな目元なので優しくケアをして、シワ予防を進めて行ってくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

スキンケアやアンチエイジングの情報メディア|スキンケアノートの注目記事を受け取ろう

目尻のシワが気になる女性の画像

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スキンケアやアンチエイジングの情報メディア|スキンケアノートの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

スキンケアノートでは信頼できる情報提供を心がけております。ただし、自己の医療的問題の解決が必要な場合は、自らできる限り早く、皮膚科等の適切な専門家へ相談、そして適切な病院等を受診して下さい。(詳細は利用規約第3条に明記)

ライター紹介 ライター一覧

Noely

Noely

諦めない!マイナスをチャンスに変える!という言葉が座右の銘です。