1. TOP
  2. アンチエイジング
  3. 顔用の日焼け止めおすすめランキング18選|使うシーンに合わせた選び方

顔用の日焼け止めおすすめランキング18選|使うシーンに合わせた選び方

日焼け止めを背中に塗っている女性の画像

日差しがジリジリと照りつけるこの季節!紫外線が気になりますね。

できることならば肌を焼きたくない!美白を保ちたい!という女性が多いかと思いますが、私もその一人です。

日焼け止め売り場に行くと色んな種類で溢れていて、どれを選べばよいかわからないということはないですか?

とりあえずSPFが高いものを選んでおけば間違いなしと思っているあなた!

実はそれが良いというわけではないのです。

ぜひこれを機に一度日焼け止めについての知識をつけ、自分自身で自分に合う日焼け止めを選べるようになりましょう。

また、今人気の日焼け止めやおすすめのものをランキングにしてみましたのでぜひ購入する際の参考にしてみてくださいね。

日焼け止めの種類

少し前まで日焼け止めと言えば一種類のみだったのですが、ここ数年で一気にいろんなタイプが登場!

今現在販売されている日焼け止めの種類はこんなにあるんです。

  1. クリームタイプ
  2. ローションタイプ
  3. ミルク(乳液)タイプ
  4. ジェルタイプ
  5. スプレータイプ
  6. スティックタイプ
  7. パウダータイプ
  8. シートタイプ
  9. サプリメントタイプ

9種類もの日焼け止めがありました!

なんとなく見たこと聞いたことあるな~というタイプから、そういうものもあるんだ!と初めて聞いたというタイプもあるかと思います。

結局どれが一番おすすめなの?と迷ってしまう方も多いと思います。

日焼け止めの種類別におすすめの方のタイプを見ていきましょう!

日焼け止めを種類別に解説!

クリームタイプ

一番王道の日焼け止めであり、化粧下地として使えるものや汗や水で落ちにくいウォータープルーフタイプもあります。

他の日焼け止めよりも保湿力が高いため、特に乾燥肌の方にはおすすめです。

ローションタイプ

肌にやさしいタイプの日焼け止めのため敏感肌の方にもおすすめ。

化粧水のようなテクスチャーなので取り入れやすいのですが、クリームタイプと比較すると落ちやすいのが特徴。

ミルク(乳液)タイプ

肌への負担が少ないタイプの日焼け止めなので敏感肌の方におすすめ。

肌馴染みもよく、伸びが良く塗りやすいため、顏だけでなく体全体に塗るにもおすすめです。

ジェルタイプ

さらっとした塗り心地なので、日焼け止めのべたつきが苦手な方におすすめです。

油分が多いクリームタイプの日焼け止めをニキビがある時に、塗るのは抵抗があるという方でもおすすめです。

スプレータイプ

手を汚したくない時や時間がなく時にサッと簡単に使用することができるのがスプレータイプ。

手で塗りにくい背中などにおすすめですが、顏に直接吹き付けることはできないので要注意。

スティックタイプ

スポーツ用として開発されている日焼け止めが多いのがスティックタイプ。

耐水性が高い上に、液漏れの心配もいらず持ち運びも手軽なので、サーフィンや海のレジャーにおすすめです。

パウダータイプ

メイクの上から手軽に使用することができるので、塗り直しが簡単なのがパウダータイプの利点!

さらに肌にもやさしいため、敏感肌・子供にも安心して使用することができます。

特にじっとしていられない子供に簡単に塗ることができるのでおすすめ。

シートタイプ

持ち運びが便利ということと手を汚さずにササッと塗れる点でおすすめなのが、シートタイプの日焼け止めです。

他のものと比べると持続時間が短いので、短時間の外出や日焼け止めの塗り直しなどに使用すると良いでしょう。

サプリメントタイプ

「飲む日焼け止め」として最近じわじわと知名度を上げてきています。

持続性は約4時間と言われており、長時間外出する際は4時間毎に服用した方が良いそうです。

一番おすすめの使い方は、塗るタイプの日焼け止めと併合することで、体の内外から日焼けを予防することができます。

日焼け止めの選び方|シーン別に日焼け止めを選ぶ

SPF、PAの数値が一番高い日焼け止めを選べば良いというわけではありません。

実は、数値が高い程、肌への負担も大きいのです!

ですので、さまざまなシーンに合わせて日焼け止めを使い分けることが大切です。

次はシーン別におすすめの日焼け止めの選び方をまとめてみました。

その日の予定に合わせて日焼け止めを選びましょう!

通勤・短時間の外出・日中ほぼ室内で過ごす場合

  • SPF15~30程、PA値+~++程がおすすめです。
  • 石鹸や洗顔料で簡単に落とせるもの

海やプール・室外のレジャー・運動会などの長時間外で過ごす場合

  • SPF30~50程、PA値+++~++++程がおすすめです。
  • 耐水性があり落ちにくいウォータープルーフタイプ
  • ムラなく塗れるクリームやミルクタイプがおすすめ
  • 飲む日焼け止めを併用すれば完璧!

子どもや敏感肌の方が使用する場合

  • お湯で落とすことができるもの
  • 紫外線吸収剤フリー(ノンケミカル)
  • 無香料、無着色、アルコールフリー
  • 子ども用の日焼け止めを選ぶ
  • 肌への負担がない飲む日焼け止めで対策する

季節ごとに使い分ける

  • 紫外線が強い5月~8月の前後は、しっかりと紫外線対策できるクリーム、ミルクタイプがおすすめ
  • 紫外線が比較的少ない10月~3月は、汗もかきにくい時期のためローションやジェルタイプがおすすめです。

画像引用元:ロレアル

おすすめの日焼け止めランキング

それでは、いろいろな使うシーンに合わせた日焼け止めを紹介していきます。

最初は塗るタイプの基本的な日焼け止めをヒックアップしました。

次に併用するとよりUVケアが完璧になる飲む日焼け止めを紹介する流れになります。

では、いきましょう!

真夏のアウトドアにおすすめの日焼け止めTOP3

アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク

アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルクの画像

商品特長:汗や水に触れるとより紫外線をブロックする膜が強くなる「アクアブースターEX技術」が入っている日焼け止めです。

ヒアルロン酸や保湿効果のある成分も含まれているので、体だけでなく顏にもおすすめ!

せっけんで落とせるという点も人気の秘密。

公式サイトはコチラ

価格:オープン価格
内容量:60ml / 20ml
SPF/PA値:SPF50+ / PA++++

アリィー エクストラUVジェル

アリー エクストラUVジェルの画像

商品特長:ジェルタイプの日焼け止めなのに汗・水にも強いのでおすすめ!

摩擦に強く、落ちにくい「フリクションプルーフ」で、プールやスポーツなどの室外レジャーに顏・体に使用できるので人気です。

また、洗顔料・ボディーソープで簡単に落とすことができるのも人気のひとつ。

公式サイトはコチラ

価格:オープン価格
内容量:90g / 40g
SPF/PA値:SPF50+ / PA++++

サンカット 日焼け止めジェル50(スーパーウォータープルーフ)

サンカット 日焼け止めジェルの画像

商品特長:ドラッグストアなどで1,000円以下で気軽に購入することができる人気のジェルタイプのスーパーウォータープルーフタイプの日焼け止め。

汗・水・皮脂にも強くコスパも良いのに、比較的量も多いためたっぷりと惜しみなくつかえるからおすすめ!

化粧下地としても使用できるため、顏にも安心して使用することができますね。

公式サイトはコチラ

価格:オープン価格
内容量:80ml
SPF/PA値:SPF50+ / PA++++

顏が白くなる心配がないメイクに合うおすすめの日焼け止めTOP3

ランコム UVエクスペールBB

商品特長:メイクとの相性が良く、メイク下地としても使用できる長年愛され続けているUVエクスペールシリーズからツヤ感がある仕上がりになる日焼け止めが登場!

人気ロングセラーシリーズだけあり、メイクとの相性が良く、顏に塗った上からいつものメイクをするだけでトレンドメイクにもなれるためおすすめです。

公式サイトはコチラ

価格(税込):¥6,264
内容量:30ml
SPF/PA値:SPF50 / PA++++

ビオレ UV アクアリッチ ウォータリーエッセンス SPF50+

商品特長:コスパが良く、顏に塗る化粧下地としても使い勝手良いと人気の日焼け止めエッセンス。

べたつかず、すーっとみずみずしさを残しつつ肌に密着するのに、汗や水に強いウォータープルーフタイプとしては特に乾燥肌の方におすすめ!

日焼け止め独特の香りがなく、フレッシュフルーツアロマの香りも高ポイントですね。

公式サイトはコチラ

価格:オープン価格
内容量:50g
SPF/PA値:SPF50+ / PA++++

プライバシー UVフェイスミスト50フォープラス

プライバシー UVフェイスミスト50フォープラスの画像

商品特長:人気のスプレータイプは、顏に直接吹き付けることができないものが多いですが、こちらはメイクの上から直接かけることができるとても便利!

微粒子ミストなので、メイクの上からかけても白くならず、化粧崩れもしないので気軽にメイクの上から日焼け止めが塗れておすすめ。

髪・顏・体に使用できるため、常にバッグに持ち歩きたいと思う商品ですね。

公式サイトはコチラ

価格(税込):¥1,080
内容量:40ml
SPF/PA値:SPF50+ / PA++++

ちょっとした外出・日常使いにおすすめの日焼け止めTOP3

ニベア  サンプロテクトウォータージェル SPF35

ニベア  サンプロテクトウォータージェル SPF35の画像

商品特長:肌につけると一瞬でジェルからローションに変化し、肌馴染みがよく、素肌のような着け心地のような日焼け止めが人気!

日常生活の紫外線からも肌を守ると同時に、ヒアルロン酸も配合されているので乾燥からも守ります。

顏だけでなく、体全身にも使用できるので、これ1本あれば普段の紫外線予防がてきるという点もおすすめです。

公式サイトはコチラ

価格:オープン価格
内容量:80ml
SPF/PA値:SPF35 / PA+++

キュレル UVミルク SPF30

キュレル UVミルクの画像

商品特長:日焼けによる肌の乾燥が気になる方におすすめなのが、キュレルのUVミルクSPF30。

紫外線をカットするだけでなく、セラミドケアで肌荒れしにくいうるおい肌を保つ点も人気の理由のひとつ。

顏専用の日焼け止めなので、白浮きする心配もなく、安心して化粧下地としてお使い頂けます。

公式サイトはコチラ

価格:オープン価格
内容量:30ml
SPF/PA値:SPF30 / PA++

エリクシール シュペリエル デーケアレボリューションWⅡ(SPF30)

商品特長:美容乳液、日焼け止め、化粧下地の3役がこの1本になっている人気の美容乳液。

特に忙しい朝、顏に化粧水を塗った後この1本でスキンケアが済むのでおすすめです。

紫外線カットだけでなく、うるおいを絶え間なく与えてくれるため夕方まで乾燥から肌を守ってくれます。

公式サイトはコチラ

価格(税込):¥3,024
内容量:35ml
SPF/PA値:SPF30 / PA++++

敏感肌や子どもにおすすめの日焼け止めTOP3

エルバビーバ チルドレン サンスクリーン (SPF30 PA+)

商品特長:100%ナチュラル成分なので、子供がいる親御さんから圧倒的人気のあるエルバビーバの日焼け止め。

子どもだけでなく、伸びが良い質感は顏に塗っても白残りしにくいので、敏感肌の方の化粧下地としても使用することができおすすめです。

ラベンダーやカモミールのエッセンシャルオイルが配合されているため、日焼け止め独特の嫌な香りがなく、オーガニックらしい香りです。

公式サイトはコチラ

価格(税込):¥3,240
内容量:75g
SPF/PA値:SPF30 / PA+

和光堂 ミルふわ ベビーUVケア 水遊びやレジャー用

ミルふわ ベビーUVケア 水遊びやレジャー用 の画像

商品特長:ベビーフードなどで知名度が高く、人気の和光堂の日焼け止め。

母乳に含まれている保湿成分が配合されているため、0か月から使用することができベビーはもちろん敏感肌の大人も海などのレジャーにおすすめです。

すーっとなめらかに伸びの良い質感は、顏に塗っても白浮きの心配ご無用!

公式サイトはコチラ

希望小売価格(税込):¥810
内容量:30g
SPF/PA値:SPF35 / PA+++

アロベビー UV&アウトドアミスト

商品特長:ママモデルで愛用している方が多く、雑誌でも取り上げられている人気のアロベビーから日焼け止めと虫よけが一体型になったミストがおすすめ。

じっとしてくれない子供にささっと吹きかけて、肌に馴染ませるだけで簡単に塗ることができ、持ち運びもこの1本で済むから便利!

手にミストを吹きかけて顏に塗る事もできます。

公式サイトはコチラ

価格(税込):¥2,538
内容量:80ml
SPF/PA値:SPF15 / PA++

塗る日焼け止めと併用すれば完璧!飲む日焼け止めTOP3

上で紹介した塗る日焼け止めと併用して、飲む日焼け止めサプリを使えば外側と内側のWブロックで日焼け防止がより完璧になります。

そんな飲む日焼け止めサプリでおすすめのものをピックアップ。

今回は1回だけでも解約できるものを選びました。

ホワイトヴェール

ホワイトヴェールの画像

商品特徴:日焼け止めサプリといえばホワイトヴェール!といっても過言ではない定番の日焼け止めサプリです。

初回が980円と安く、2回目以降のコスパも日焼け止めサプリでナンバーワンのコスパ。

コスパだけでなく、日傘サプリマークの表示が認められている認定サプリ

美白+美容成分も配合で90日の返金保証も付いています。

最初に日焼け止めサプリを試すならホワイトヴェールがトライしやすいです。

公式サイトはコチラ

価格(税込):初回980円/2回目以降4,980円
返金保証:90日
ニュートロックスサン:62.5mg/1粒

リブランコート

リブランコートの画像

商品特徴:リブランコートはホワイトケア推しの日焼け止めサプリ。

シミやくすみの改善が第一目的でUVケアもしたい!という人に向いているサプリです。

抗酸化力が強いフラバンジェノールが配合されているのが大きな特徴です。

公式サイトはコチラ

価格(税込):初回2,133円/2回目以降5,119円
返金保証:30日
主成分:フラバンジェノール

P.O.L.C.

ポルクの画像

商品特徴:ポルクは美容成分がたっぷり配合された日焼け止めサプリです。

アメリカやフランスの楽天では販売個数第一位という販売実績があります。

内からの日焼け止め&美容についてもケアしたい人に向いているサプリですね。

公式サイトはコチラ

価格(税込):初回6,462円/2回目以降6,462円
返金保証:なし
ニュートロックスサン:50mg/1粒

楽天やamazonで人気の日焼け止めTOP3

トゥヴェール ミネラルサンスクリーン

商品特長:楽天から圧倒的口コミ件数が多かったパウダータイプの日焼け止めが人気。

特に化粧の上から重ねてもナチュラルな仕上がりになるという意見の他、簡単に持ち運ぶことができ、塗り直しも楽でおすすめ!という口コミも!

顏だけでなく、足・手など気になる部分にも使用することができます。

公式サイトはコチラ

価格(税込):¥2,267
内容量:4g
SPF/PA値:SPF50 / PA++++

専科 ミネラルウォーターでつくったUVジェル SPF50

商品特長:ジェルタイプでもしっかり肌と密着し、水に触れても弾くので、真夏の海でもしっかり紫外線をブロックしてくれそうという口コミも!

ベビーパウダーが配合されているため、使用後べたつかずさらさらするのでおすすめです。

顏・体に惜しみなく使えることと、特に軽いつけ心地が人気!

公式サイトはコチラ

価格(税込):¥756
内容量:40ml
SPF/PA値:SPF50 / PA+++

タマチャンショップ ひにまけぬ

商品特長:SPF50+ / PA++++と強めの紫外線ブロックの日焼け止めですが、毎日しっかり紫外線予防しよう!と毎日塗りたくなるような質感が人気!

日焼け止め・化粧下地・日中美容液の3役がこの1本でできるため、顏用の日焼け止めとしておすすめです。

紫外線の量によってキャップが白→紫に変化するので、簡単にその日の紫外線量をチェックできるのも便利ですね。

公式サイトはコチラ

価格(税込):¥3,240
内容量:30ml
SPF/PA値:SPF50+ / PA++++

日焼け止めを塗ることで得られる効果

日焼け止めを塗らずに過ごすとどういったことが起きるのでしょう。

日焼け止めを塗ることで防げること、得られる効果を具体的にあげてみました。

  • 肌が赤くなりにくい
  • 肌が黒くなりにくい
  • シミ・そばかすを予防できる
  • 皮剥けを防げる
  • 痛みを防げる
  • 肌の乾燥を防ぐ
  • シワ・たるみを防ぐ
  • 炎症などの肌荒れを防ぐ

日焼け止めを塗ることで、こんなにもたくさんのトラブルから防いでくれているのですね。

では、こういった予防をしっかりできるように正しい日焼け止めの塗り方ができていますか?

ぜひこの機会に日焼け止めの使い方を見直してみましょう!

今さら聞けない!本当に日焼け止めの使い方合ってる?

顏に日焼け止めを塗る順番

①化粧水、乳液などのスキンケアで肌を整えます

②手に日焼け止めを出し、両ほほ・額・鼻・あごの5カ所に日焼け止めをのせ、ていねいに伸ばしていきます。

日差しが強い時は、再度同量の日焼け止めを同じように塗ると良いです。

この時、髪の生え際・眉間・小鼻の脇など塗り残ししやすいので注意しましょう。

③化粧下地を塗る場合は、日焼け止め塗った後に塗ると色を補正してくれるため、白浮きせずメイクすることができます。

日焼け止めが化粧下地と兼ねている場合はそのままいつもどおりメイクしてください。

さらにわかりやすく顏に日焼け止めを塗る手順が動画になっているので一度見てみてくださいね。

https://youtu.be/OgGqf-tx3mI

引用元:アネッサ

日焼け止めの量

いくら高いSPFなどの日焼け止めを塗っていても量が少なければ意味がありません。

500円玉大くらいの量を塗るようにしましょう。

そして、2~3時間おきに塗り直しをすることでより効果的に使うことができます。

メイクの上から塗り直す際は、パウダータイプやスプレータイプの日焼け止めがおすすめです。

日焼け止めの使用期限

開封したら空気が入り込み酸化して劣化していくため1年以内に使い切るようにしましょう。

未開封のものであれば約3年が使用期限の目安です。

未開封のものでも保管環境が悪いと3年未満でも劣化している場合があります。

使用する場合、色が変化していないか、変なにおいはしないか確認しましょう。

日焼け後のアフターケアも大事なんです!

しっかりとクールダウンを

日焼けして火照った肌は、軽いやけどの状態と同じです。

必ず冷やしたタオルや氷水、冷たいシャワーなどで熱を冷やしてあげましょう。

保湿をする

火照った肌をクールダウンした後は、化粧水できちんと保湿をしてあげましょう。

シートマスクやコットンにたっぷりと化粧水を含ませてパックなどしても良いです。

また、化粧水は美白ケアにおすすめの「ビタミンC誘導体」が配合されているものを選ぶと良いでしょう。

アルコールが入っている化粧水だと、肌を刺激してしてしまう場合があるので避けましょう。

ビタミンC、ビタミンEを含む食べ物を

シミやシワを防ぐ、抗酸化作用があるビタミンC、ビタミンEを含む食べ物を食べましょう。

グレープフルーツ、パプリカ、レモンなどはビタミンCを多く含み、アボカド、ごまなどにビタミンEが含まれているため、ぜひ積極的に摂取しましょう!

敏感肌の人はこんな日焼け止めはおすすめできない!

紫外線吸収剤配合の日焼け止め

日焼け止めは大きく分けて、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類あります。

紫外線吸収剤は、紫外線を防ぐ力が高いのですが、その分肌への負担が高いため敏感肌の方にはおすすめできません。

紫外線吸収剤は、主にSPF値が高いものに使用されています。

香料・着色料・アルコールが配合されている日焼け止め

人工香料・人工着色料・アルコールなどが配合されている日焼け止めは、肌にとって刺激が強いものがあるので、できるだけ避けましょう。

簡単に落とすことができないもの

せっけんや洗顔料で簡単に洗い落とすことができないタイプだと、落とすのに摩擦が生じ、肌に負担がかかってしまいます。

専用のクレンジング料を使用しなくても落とせるものを選びましょう。

まとめ

いかがでしたか?

これだけ種類がある日焼け止めから自分に合う日焼け止めを選んでみたいと自信に満ち溢れていませんか?

特に選ぶ際は

  • 通勤・短時間の外出・日中ほぼ室内で過ごす場合
  • 海やプール・室外のレジャー・運動会などの長時間外で過ごす場合
  • 子どもや敏感肌の方が使用する場合
  • 季節ごとに使い分ける

この4つに当てはめて考えると、自分にあう日焼け止めを選びやすいです。

それでも迷った場合は、ぜひシーン別おすすめランキングや人気ランキングを参考にしてみてくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

スキンケアやアンチエイジングの情報メディア|スキンケアノートの注目記事を受け取ろう

日焼け止めを背中に塗っている女性の画像

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スキンケアやアンチエイジングの情報メディア|スキンケアノートの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

スキンケアノートでは信頼できる情報提供を心がけております。ただし、自己の医療的問題の解決が必要な場合は、自らできる限り早く、皮膚科等の適切な専門家へ相談、そして適切な病院等を受診して下さい。(詳細は利用規約第3条に明記)

ライター紹介 ライター一覧

sa-ri

sa-ri

試したコスメは数知れず、という程コスメが大好きです!(^^)!
また昔から肌トラブルが多く、太りやすい体質なので綺麗に痩せるをモットーに日々模索しています。
新しい事へのチャレンジ精神は旺盛なので、そこからステキな女性になれる情報を発信していければと思います。