1. TOP
  2. ボディケア
  3. 足のむくみをとるために私が試して効果があった4つの改善方法

足のむくみをとるために私が試して効果があった4つの改善方法

足のむくみを自宅で対策する画像

女性の皆さんの中に、夕方になるとふくらはぎの重だるさ(脚のむくみ)を経験したことがある人が多いと思います。

脚がむくんだままの状態が続くと脚が太く見えたり、セルライトがつきやすくなるため注意が必要です。

そこで立ち仕事の私が実際に足のむくみに効果があるといわれた方法を実際に試して「効果があった」方法をお伝えしたいと思います。

1:着圧タイツ(ソックス)を予防的に使用する

私が常に意識して行ったこの1つ「着圧ソックス」を履くことです。

脚のむくみに悩んでいるほとんどの方がもう試していると思いますが、私が気を付けたことは履いている【時間】です。

私はむくませないように『予防』する目的で仕事の前に履いていました。

通常足の血液を心臓に送るために下肢の筋力がポンプの作用で血液を上に押し上げることで水分が滞ることを防いでいるのですが、長時間のデスクワークなどで足の筋肉を使わないでいると、このポンプ作用が働かずに結果足がむくんでしまうのです。

そのため足のポンプを「補助」してもらう意識で仕事の前に着圧ソックスを履くのが一番効果的でした。

ちなみに私が使用した着圧ソックスはメディカルステイフィットというものを使用していました。

着圧を使ったことのある女性の中には、むくんでしまった後の『改善』目的で寝る前にメディキュットのような着圧を使用している人が多いと思います。

しかし、むくみが気になるからと毎日就寝前に使っていると血行不良を起こし、中には冷え性をおこしたり悪化させたりこともあります。

なので、使うときは仕事の始める前に履くことが一番のオススメです。

2:自転車こぎ運動をする

私はあまり普段からランニングといった運動は嫌いだったので自宅で手軽にできる方法の1つとしてやっていました。

これはベッドの上にあおむけになり、腰の下に手を入れてお尻ごと持ち上げ、足先を天井に向けた状態で空中で自転車をこぐような動作をすることです。

脚の筋肉を使うことで血液を流し、かつ重力の力で足先にたまった水分を血管に戻す方法です。

これは陸上の長距離選手が足に疲労物質が蓄積するのを防ぐためにトレーニングの終わりに必ず行っている、というのを聞いたことがあり、それを真似してみました。

私は5分3セットを寝る前や1時間ドラマのCM中にやっていましたが、慣れるまでは結構きつかったです。

どうしても気分が乗らないときは、壁に足をもたれさせるだけのこともありましたが、自転車こぎ運動を2か月ほど続けたところふくらはぎの部分の筋肉が引き締まった感じがありました。

むくみだけでなく足のラインもよくなったので、これはゼヒ皆さんにやってほしいです。

3:岩盤浴で汗を流す

私は運動が苦手ですが、2回/週のペースで岩盤浴に行って汗をたくさんかくようにしていました。

上述した通り、脚がむくむ原因1つに血液の流れが悪いことによって水分が足にたまってしまうこと挙げられます。

そのため、定期的に岩盤浴で汗を流すことで体にたまった水分を排出し、基礎代謝をあげることで冷えない体を作るように意識していました。

岩盤浴は1回で大量の汗を流すため、必ず岩盤浴前や休憩中にミネラルウォーター500㎖以上を飲むようにしましょう。

水分を摂取せずに汗だけを流すと脱水状態になり、より冷えやすい体になってしまうため注意が必要です。

またカフェイン入りのお茶やコーヒーで水分補給するのもよくありません。

カフェインには利尿作用がありますが、体に大切なミネラルまでも一緒に流してしまう効果があります。

そのため血液中のミネラルバランスがくずれてしまい、むくみを助長してしまうのです。

必要なミネラルは摂りつつも水分として汗をながすにはミネラルウォーターが一番適しています。

また、日ごろからコーヒーや紅茶、ジュースを愛飲している人は、それをミネラルウォーターに変えるだけで体質改善になりますので、ぜひ試してみてください。

4:サロンや足つぼマッサージでリフレッシュ

仕事が忙しいと、どうしても自分へのお手入れがおろそかになってしまいます。

「たまになら~」となってしまいがちですが、日々の疲れをきちんと解消しないと自分の脚が徐々にむくんでいることにすら気づけないことがあります。

「でも、忙しくてマッサージなんてできない」と悩んでいる方は思い切ってお店でケアしてもらうのもいいでしょう。

自分でマッサージをしようと思ってもうまくできない、自分ではなかなかツボやリンパ溜まりを見つけることができない人もいます。

しかしマッサージを継続的に受けることで、むくみに効く足のツボやどこのリンパを流したらよいかが分かるようになってきます。

私もマッサージを受け続けたことで、「痛気持ちイイ」ポイントが分かるようになり、自分でマッサージをするときはその部分を重点的に流すようにしていました。

人によって溜まりやすい箇所が微妙に違うことがあります。

そんな時は1度プロの施術を受けてみるのが1番の近道かもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか?

中には知っている情報ばかりだった…というかたもいるかもしれませんが、大切なのはむくみを「予防」すること、そして溜まった老廃物や水分はその日のうちに流すようにすることで、むくみしらずの美脚を手に入れることができます。

ちょっと意識を変えるだけで簡単にできるものばかりなので、明日から積極的に取り入れてほしいと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

スキンケアやアンチエイジングの情報メディア|スキンケアノートの注目記事を受け取ろう

足のむくみを自宅で対策する画像

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スキンケアやアンチエイジングの情報メディア|スキンケアノートの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

スキンケアノートでは信頼できる情報提供を心がけております。ただし、自己の医療的問題の解決が必要な場合は、自らできる限り早く、皮膚科等の適切な専門家へ相談、そして適切な病院等を受診して下さい。(詳細は利用規約第3条に明記)

ライター紹介 ライター一覧

スキンケアノート編集部

スキンケアノート編集部

スキンケアノート編集部です!

スキンケアやアンチエイジングをはじめとした色々な情報を発信していきます!(^-^)